悠遊カードは旅行者も買うべき?乗り放題とどっちがいい?

両替・お金, 交通お得な切符, 悠遊カード

台北MRTから桃園MRTまでの行き方

台湾旅行で悠遊カードを買うべきなのでしょうか。

日本のSuicaカードのようなものだから便利なのはわかるけど、元が取れるかどうか考えてしまいますよね。

旅行者でも悠遊カードはお得になるのか、乗り放題の切符を買った方がいいのか、どちらも必要がないのか、探ってみましょう。

悠遊カード払い戻し方法と場所について
悠遊カード使える場所やお店のまとめ
悠遊カード桃園空港での購入場所は?
関連台湾のお得な切符は?【短期旅行】

悠遊カードは旅行者も買うべき?

短期の旅行でも悠遊カードを買った方がお得になるか疑問ですよね。

台湾旅行中の移動手段がMRTとバスがメインという場合は間違いなく買った方がいいです。逆に言うとツアーばかりに参加したり送迎がある場合はいらないかも。

例えば台北駅から故宮博物院にMRTとバスで行く場合は、現金だと

  • MRT 20元+バス 15元= 35元

になります。しかもバスはお釣りが出ないのでピッタリの現金を用意する必要があります。

でも悠遊カードだと

  • MRT 16元(2割引)+バス 7元(乗り換え割引)= 23元

になります。

金額が安くなるだけではなく、トークンを買う手間や時間、そして小銭を用意する手間や時間も考えると悠遊カードの利便性は間違いないですね。

4泊5日でお得になった金額

実際にわたしは4泊5日の台湾旅行で悠遊カードのみで217元の割引になりました。最初のカード購入代金100元を考えても117元お得になったということです。

割引になった分はこんな感じです。

  • 國光客運5元引き:1回
  • 台北MRT2割引き:13回
  • 台北市バス乗換え割引:4回
  • 台鉄1割引:2回
  • 台中市バス無料:6回

台中のバス無料が一番大きくて、現金だと20元×6回だったので120元。

台中の日(バス6回と台北MRT2回)がなかったとしたら、元は取れてない感じになるんですけどね^^;

でも悠遊カードは便利なので、もし元が取れなくてもあった方がいいと思います。短期旅行の場合は時間を有効に使うことも大切なので。

悠遊カードの割引

悠遊カードの割引についてまとめました。

  • 台北MRT:2割引き
  • 台北MRTとバスの乗換え:8元引き(1時間以内)
  • 台北MRTまたはバスとYouBikeの乗換え:5元引き(1時間以内)
  • 高雄MRT:15%割引
  • 高雄MRTとバスの乗換え:3元割引(2時間以内)
  • 高雄ライトレール(C1~C14):30元→10元
  • 台湾鉄道(臺鐵):70kmまでは1割引

台湾の乗り放題チケット

MRT、台鉄、台湾新幹線(高鐵)それぞれ乗り放題を含むチケットを販売しています。

台北MRT

台北MRTは悠遊カードで2割引きになるので、

  • 一日で何度も乗る→乗り放題
  • 乗っても4~5回→悠遊カード

がいいと思います。

台北MRTの乗り放題チケット(公式)

台北MRTフリーパス

  • MRT一日乗車券(ワンデーパス):150元 使用開始当日のみ有効
  • 台北MRT 24時間券:180元 使用開始から24時間有効
  • 台北MRT 48時間券:280元 使用開始から48時間有効
  • 台北MRT 72時間券:380元 使用開始から72時間有効

Taipei Fun Pass 北北基おもしろカード(台北MRT+バス)

  • 交通周遊1日カード:180元
  • 交通周遊2日カード:310元
  • 交通周遊3日カード:440元
  • 交通周遊5日カード:700元
  • 猫空ロープウエイ1日カード:350元(台北MRT+バス+猫空ロープウェイ)

このほかに台北101や故宮博物院など観光地12か所の入場料がセットになった無限周遊というチケットもあります。

  • 無限周遊1日カード:1,200元
  • 無限周遊2日カード:1,600元

JOINT TICKET(桃園MRT往復乗車券+台北MRT乗り放題)

  • 48時間券:520元
  • 72時間券:600元

2019年5月31日までの購入の場合、台北MRT観光クーポンが含まれます。

台鉄

悠遊カードで台鉄(全席指定車以外)も乗れます。1割引(自彊号は70㎞まで)になるので、通常の切符よりお得になります。

ただし指定席に座りたい場合は指定券が必要なので悠遊カードでは乗れません。

台鉄の乗り放題チケット(公式)

TR-PASS(台鉄乗り放題)

一般向けは以下の料金ですが、どうなんだろう?ちょっとお高い気がしますが。

  • 3日乗り放題:1,800元
  • 5日乗り放題:2,500元

その他台鉄乗り放題チケット

  • 平溪線(海科館~菁桐):80元
  • 内湾線(新竹~内湾):95元
  • 集集線(二水~車?):90元
  • 東北角一日券:126元
    瑞芳=頭城、平渓線(菁桐~瑞芳)、深澳線(瑞芳~海技館)

台湾新幹線(高鐵)

台湾新幹線(高鐵)は一般旅行者は悠遊カードで乗ることができません。

なので比較にはなりませんが、お得な乗り放題があるので紹介しておきますね。

台北と高雄を往復すれば元がとれてしまうのが、この外国人限定の乗り放題チケットです。

悠遊カードと乗り放題はどっちがいい?

基本的に乗り放題のフリーパスよりも悠遊カードがいいと思います。コンビニや買い物でも使えるし利便性は一番。また台湾に来るというなら特におすすめです。

ただし旅行中一日しかMRTに乗る予定がない場合などは、カード代がかからないフリーパスの方が支出金額が少なくて済むかもしれません。悠遊カードはカード代として100元が必要ですからね。

とはいえ交通費を節約するならあらかじめ予定から計算してみて、毎回現金でトークンや切符を買うのもアリです。

でもバスに乗る予定があるなら絶対に悠遊カードがあった方がいいと思いますよ。

悠遊カード払い戻し方法と場所について
悠遊カード使える場所やお店のまとめ
悠遊カード桃園空港での購入場所は?
関連台湾のお得な切符は?【短期旅行】