悠遊カードの払い戻し方法と場所!空港でできる?返却できないのは?

両替・お金悠遊カード

悠遊カードの払い戻しと空港返却

悠遊カードは台湾でしか使わないので、帰るときには払い戻したいって思うかもしれませんね。

払い戻しできないっていう情報もあるけど、ちゃんとできますよ。

今回は悠遊カードを払い戻す方法や手数料、返却場所について紹介します。

悠遊カード桃園空港での購入場所は?
悠遊カードチャージ金額の目安は?
悠遊カード使える場所やお店のまとめ

悠遊カードの払い戻し方法

悠遊カードの払い戻しは機械ではできません。

MRTの各駅スタッフにカードを渡して「リファンドゥ」「リターン」と言えばOK。または「退費」とメモして見せましょう。

悠遊カードの払い戻しはチャージ金額の分だけです。そこから手数料20元引かれた金額が返金されます。一番最初に払った100元は返ってきません。

昔の悠遊カードはデポジット式だったんですが、現在はカードの発行料金として100元ということになってます。100元でカードを購入したと考えるとわかりやすいかと思います。

チャージがたくさん余っている場合は返金してもらうのもいいかもしれませんけどね。

払い戻しをした後のカードは無効になり、復元することはできません。使えなくなってしまうのでご注意を。

悠遊カードの払戻手数料について

悠遊カードの払戻手数料は20元かかります。

ただし以下の場合は無料で払い戻しができます。

  • 5回以上利用&購入後3か月以上経過
  • 未使用&購入2日以内

一般旅行者は手数料が20元必要になるということですね。

なので払い戻しをせずにコンビニなどで使いきるという人も多いです。

悠遊カードの払い戻し場所

悠遊カードの払い戻し場所

悠遊カードの払い戻しは「退卡退費」ができる場所で可能です。
→現在の悠遊カード払い戻し可能場所

  • 悠遊カード社(悠遊卡總公司 )
  • 市政府駅バスターミナル(市府轉運站客服中心)
  • 基隆サービスセンター(基隆服務中心)
  • 台中サービスセンター(台中服務中心)
  • 高雄左営サービスセンター(高雄左營服務中心)
  • 高雄国際空港サービスセンター(高雄國際機場服務中心)
  • 屏東恒春サービスセンター(屏東恆春服務中心)
  • 國光客運サービスセンター(委託國光客運服務中心)
  • 桃園空港MRTサービス(桃園機場捷運服務)
  • 台北MRTの各駅
  • 桃園MRTの各駅

ちなみに台北駅の地下の悠遊カードサービスカウンターは終了しました。

悠遊カードの払い戻し 空港でできる?

帰国の日に空港で払い戻しができるなら一番楽ですよね。空港で払い戻す場合は、これらの窓口やカウンターでするといいかと思います。

  • 桃園空港:桃園空港MRTサービスカウンター、桃園MRT桃園駅、國光客運
  • 松山空港:台北MRT松山駅
  • 高雄空港:高雄国際空港サービスカウンター

ちなみに桃園空港MRTサービスカウンターは到着側にあるので、MRT駅や国光客運で払い戻しする方が歩かなくてすみますよ。

悠遊カードの返却できない?

悠遊カードは払い戻しができないという情報がありますが、これは最初に支払った100元に対してのことです。

悠遊カードのシステムが変更になってデポジット制がなくなったので、ごっちゃになってる人も少なくないみたいですね。

手数料20元がかかりますが、チャージ分の払い戻しはできますよ。現在は返却というよりも解約と考えるとわかりやすいかと思います。

悠遊カードの払い戻しのまとめ

悠遊カードは旅行最終日に払い戻しして返却、というのは数年前は当たり前でした。

でも現在はデポジット制ではなくなったので、払い戻しのメリットがそんなにありません。

帰りの空港でチャージが多ければ新東陽などで使えばいいし、残額が少ない場合はコンビニでお菓子などを買って使い切るのがおすすめです。

悠遊カード桃園空港での購入場所は?
悠遊カードチャージ金額の目安は?
悠遊カード使える場所やお店のまとめ