台湾 Wi-Fiのレンタルは桃園空港が格安だった!当日現地でもOK

2018年5月31日情報・その他Wi-Fi, 準備, 通信

台湾 Wi-Fiレンタルは桃園空港が格安

台湾での「ネット通信をどうしようかな~」と悩んだんですが、結局桃園空港でWi-Fiを借りたんです。

これが大正解でした。簡単なのにめっちゃ安い!

料金が1日300円ですよ?(←現在はさらに安いみたいで200円未満…)

Wi-Fiを借りるなら絶対また同じ場所で借りますね。

関連台湾旅行でWi-Fiのレンタルは必要?
関連Wi-FiレンタルとSIMカードどっち?

台湾のWi-Fiのレンタルを桃園空港でしたら簡単すぎた

今回の台湾旅行では現地でWi-Fiのレンタルをすることにしました。わたしは事前に日本で申し込んでありました。

台湾 Wi-Fiのレンタルは桃園空港が格安

桃園空港に到着したら游客邦(Unite Traveler)のカウンターに行きます。到着口を出て、右の端っこにあります。

※追記

カウンターの場所が変わってました!

台湾でWi-Fiレンタル格安

游客邦(Unite Traveler)は到着口を出て左側にあります。

台湾でWi-Fiレンタル格安

一番左の①番の場所でした。

バウチャー(プリントアウトした用紙)を渡して、2分くらいで手続きは終わりました。スマホの提示だけでも大丈夫みたいだけど念のため印刷していきました。

で、保証用のクレジットカードを提示して、言われた場所に電話番号(日本のでOK)書いて、サインするだけ。

台湾 Wi-Fiのレンタルは桃園空港が格安

台湾 Wi-Fiのレンタルは桃園空港が格安

赤いケースに入ったWi-Fiルーターと充電器をもらいました。

Wi-Fiルーターの電源を入れてスマホをつなげます。パスワードはルーターの裏側にシールで貼ってあるので、入力したらすぐにつながりました。

今回わたしはバスに乗ってから設定したんですが、できればカウンターの前でつながるかを確認するといいと思います。万が一、つながらなかったら対応してもらえますからね。

スピードは計らなかったけどサクサク使えたので結構早いと思います。LTE(4G)ですし。台北市内だけじゃなく、九份や十分、台中でも全く問題ありませんでした。

ただ充電がもつのは7~8時間くらいだったので、それ以上連続で使いたい場合はモバイルバッテリーを準備した方がいいです。

わたしは日頃からスマホで使っているモバイルバッテリーを日本から持って行ってたんですが、夕方以降に役立ちましたね。

旅先で使うなら、こんな感じの大容量のケーブル内臓型がいいなって思います。ケーブルがぐちゃぐちゃになって痛んだりしないです。

それからWi-Fiのデメリットというか「これはちょっとな~」と思った点ですが、ケースがでかい。かさばるんですよね。なので旅行の移動中は本体だけ持ってました。ケースはホテルでお留守番^^;

Wi-Fiを5日間フルに使いましたが、他は特に問題ありませんでした。

というわけでまとめるとWi-Fiを借りるためにやったことは

  1. 日本でクレジット決済して
  2. プリントアウトして
  3. 台湾に着いてカウンターにその紙を出した

だけです。

返却もカウンターでWi-Fiを渡すだけなので簡単。言葉はいらない。借りてから返すまで英語も中国語も特に必要ありません。

返す時も同じ場所でした。ただ場所が到着側なので返却のときは遠かったかな。意外と歩きましたね。

借りた場所と返却場所ですが、わたしは両方とも桃園空港の第一ターミナルでしたがどの空港にするかは選べます。借りた空港と返す空港が同じじゃなくても大丈夫。例えば桃園空港で借りて松山空港で返すのも可能。便利ですよね。

台湾で借りて台湾で返すので機内持ち込み荷物の重さにも影響はないし、余計な手間がいらないのもいいと思います。

台湾でWi-Fiのレンタルが格安でおすすめ

今回わたしがWi-Fiを借りたのはKKday経由でした。

LTE(4G)で通信料が無制限なのに、5日間借りて397元!日本円にしてなんと1,479円でした。

1日当たり300円以内だなんて、格安ですよね。←現在はさらに安いみたいです!200円もしない。

値段は変動するみたいです。でもキャリアのオプションを使ったり、日本で手配した場合はこんなに安い値段では借りれないです。LTEだと安くても1日1,200円とかしますもんね。

KKdayは安すぎて大丈夫か?とも思いましたが、レビューの数がすごいし、評価も悪くないし、説明もわかりやすいから借りてみました。

実際、快適にネットにつながったし、特に問題もなかったんで、ぜひまた使いたいです!

台湾でWi-Fiのレンタルは当日でもできる?

台湾でのWi-Fiのレンタルは、KKday経由だと二日前までの申し込みが必要です。前日、当日は申し込めません。

でも当日に現地で借りることは可能。直接カウンターに行って契約すればいいんです。ただ当日契約だと値段が高くなってしまうんですよね。

台湾 Wi-Fiのレンタルは桃園空港で当日

直接借りる場合は一日188元(日本円で700円くらい)。借りる日数が長い場合は多少の割引があるようです。

でも高くても当日借りることはできるのはありがたいですね。高いとは言っても日本のキャリアよりは安いですし。

ちなみに桃園空港にある他のレンタル(iVideoやFUN WIFIなど)は当日は契約できません。

台湾 Wi-Fiのレンタルのまとめ

Wi-Fiは複数人でも使えるので、グループ旅行や家族旅行におすすめです。

台湾で借りるならKKday経由がおすすめ。だって4G/LTEで使い放題なのに安いから。使い勝手も悪くなかった。

性能が同じなら安い方が絶対いいですよね!

最近は台湾大哥大(Taiwan Mobile)からも借りれるようです↓

関連台湾旅行でWi-Fiのレンタルは必要?
関連Wi-FiレンタルとSIMカードどっち?
関連台湾に着いたらやること!空港に到着後することのまとめ