台湾旅行でWi-FiレンタルとSIMカード購入はどっちがいい?

情報・その他SIMカード, Wi-Fi

台湾旅行でWi-FiレンタルとSIMカード購入はどっちがいい

台湾旅行でインターネットをサクサク使えるようにしておきたい場合、Wi-FiレンタルとSIMカード購入で迷うと思います。

わたしもそうでした。

なのでWi-Fiレンタルの方が良い人、SIMカード購入の方が良い人をまとめました。それぞれのメリットデメリットも紹介します。

関連記事Wi-Fiのレンタルは桃園空港が格安だった

台湾旅行でWi-FiレンタルとSIMカード購入はどっちがいい?

Wi-Fiレンタルの場合はルーターを1台借りて、そこにスマホやタブレットなどの端末からWi-Fiを繋げるものです。

SIMカードはスマホなどに入れている小さいカードを交換して使います。

どちらも4G(LTE)無制限を選べば通信速度は速いですし、台湾の場合は1日あたりの料金もそんなに変わりません。

料金についてはそれぞれの会社によって多少違いますが、現地で契約するのが安くすみます。どちらも日本で準備してからいくと料金は高めになる傾向です。

わたしは桃園空港でWi-Fiを受け取りましたが4G(LTE)を容量無制限で借りて1日300円以内という安さでした。
関連記事Wi-Fiのレンタルは桃園空港が格安だった

Wi-FiレンタルとSIMカード購入はどちらが良いのか、以下にまとめてみました。

Wi-Fiレンタルの方が良い人

  • 複数台の端末を使いたい
  • 複数人でワリカンして料金を安くしたい
  • SIMフリーの端末ではない、もしくはわからない
  • SIMカードの入れ替えをしたくない
  • 滞在中に日本での電話番号宛にかかってくる可能性がある

SIMカード購入の方が良い人

  • 移動中の荷物を少しでも軽くしたい
  • 台湾の電話番号を使いたい

台湾でWi-Fiレンタルのメリットとデメリット

Wi-Fiはルーターを借りてしまえば複数人で簡単に接続できるというのが大きなポイントです。

「SIMの設定とかは面倒」という人はWi-Fiが良いと思います。

その他Wi-Fiレンタルのメリットとデメリットを以下にまとめてみました。

Wi-Fiレンタルのメリット

  • 接続は電源を入れたらスマホなどの端末にパスワードを入力するだけ
  • ルーター1台を借りれば複数台の端末で一緒に使うことができる
  • 複数人で料金をワリカンできる

Wi-Fiレンタルのデメリット

  • 常にルーターを持ち運ばないといけないので荷物がかさばる
  • フル充電で7~8時間の持続なので、朝から晩まで使うためには途中で充電する、またはモバイルバッテリーが別に必要

台湾でSIMカード購入のメリットとデメリット

Wi-Fiレンタルとの通信の大きな違いは電話番号が持てるようになることです。

台湾で電話ができるようになるだけでなく、YouBikeというレンタサイクルを使う場合は台湾の電話番号がある方が便利ですね。

その他SIMカード購入のメリットとデメリットを以下にまとめてみました。

SIMカード購入のメリット

  • 台湾の電話番号が持てる
  • 豊富なプランから選べる
  • Wi-Fiレンタルよりも身軽でいられる
  • スマホのバッテリー残量だけ気にすれば良い

SIMカード購入のデメリット

  • SIMフリーの端末でないと使えない(SIMロック解除が必要)
  • もともと入れていたSIMカードを紛失しやすい
  • APN設定などがある
  • テザリングすると端末のバッテリーの減りが早い&通信速度がイマイチ


Wi-FiレンタルとSIMカード購入の違いについてのまとめ

一般的な選び方として

  • ふたり以上での旅行ならWi-Fiレンタル
  • ひとり旅ならSIM購入

という選び方が多いようです。

複数人で旅行する場合でも途中で別行動がある場合はSIMカードの方がいいと思います。

SIMカードを入れ替えるのがイヤという人は、前使っていたスマホを持って行くという手もあります。

電話番号についてはデュアルSIM(ふたつ入れられる)の機種であれば、日本と台湾、両方使うことも可能です。でも設定は面倒かもしれませんね。

緊急用に電話を受けたいという人はLINEやスカイプの通話を利用するという手もあります。

実際に借りた人のレビューを読むのも参考になりますよ^^

関連記事Wi-Fiのレンタルは桃園空港が格安だった