九份からの帰りのバス停の場所と乗り方!混雑を避ける裏ワザ

2019年4月4日九份行き方

九份からの帰りのバス停の場所

九份からバスで帰るならバス停の場所を確認しておきましょう。

一体どこのバス停から乗るといいのか、さらに乗り方も注意が必要ですよ~。

金曜日の混雑を避けてバスに乗車できた裏ワザも一緒に紹介しますね。

九份からの帰りのバス停の場所はどこ?

九份からの帰りのバス停の場所の地図

九份から帰る時のバス停は「九份老街」または「九份派出所」を使う人がほとんどだと思います。場所は画像をご覧ください。本当は間にひとつ「代天府」というバス停があるんですが使うことは少ないと思います。

バスは「九份老街」→「九份派出所」という順番で停車します。

「九份老街」と「九份派出所」どちらも同じ路線のバスが停まるのでどっちに乗ってもいいよ、と言いたいところですがそうでもないんですよね。

昼過ぎくらいまではどっちから乗ってもそこまで差はないとは思いますが、夕方以降は注意です!!

夕方以降は帰る人が多くなるので「九份老街」を出発すると既にバス車内が混雑しています。

というわけで「九份派出所」より「九份老街」からバスに乗った方がいいと思います。赤提灯の広場からは遠いですけどね^^;

九份から台北までバスに乗る場合

九份から台北までのバスは1062と965があります。

  • 1062:松山駅・忠孝復興駅 行き
  • 965:北門駅・西門駅・萬華駅・板橋駅・府中駅 行き

1062バスの路線図や時刻表
965バスの路線図

この台北方面へ行くバスは席が埋まっていると乗れません。高速を通るため立ち乗りが禁止になっているために、座席の数と同じ人数しか乗車できないからです。

満席の場合は停車もせずに走り去ってしまうのでツライですよ…

というわけで先に停車する「九份老街」からの方が乗れる確率は高いです。

ちなみに夕方までなら965のバスは予約ができるようです。自分で予約したことはないんですが10席限定予約だとか。
965のバスの予約

予約できるなら「九份派出所」からでも安心して乗れますよね。もし予約して乗ったことがあれば、お話聞いてみたいですね~

九份から瑞芳駅までバスに乗る場合

瑞芳駅に向かう場合は

  • 788:基隆行き
  • 825・827:瑞芳行き
  • 台湾好行856:瑞芳行き ※夕方まで

これらのバスもありますし、立ち乗りもできるのでどちらのバス停から乗ってもいいと思います。10~15分の乗車ですし。

もちろん座る確率をあげるなら先に停車する「九份老街」からの乗車がおすすめですけどね。

九份から帰りのバスの乗り方

九份から台北までの帰りのバスの乗り方

九份から台北まで帰るバスは高速を通るバスなので着席が義務付けられています。

なので乗車時に行先を伝えてから座席に座る必要があります。「タイペイ」と伝えると名刺サイズのカードを渡されます。(たぶんこのカードは座席数分の枚数しかない)そして悠遊カードなどのICカードをタッチするなり、現金をぴったり払うなりします。

そして受け取ったカードは下りる時に忘れずに運転手さんに渡してください。一緒にICカードの下車時のタッチも忘れないように~。

九份から瑞芳駅まで1062か965のバスの乗り方

瑞芳駅まで1062または965に乗る場合ですが、乗る時に「ルイファン(瑞芳)」と伝えて立ち乗りすることになります。

台北に行く人は着席が義務なので座席に座る必要があるので、優先されるということですね。

台北まで行く人が座席数より少なければもちろん座れますよ。

九份から瑞芳駅まで788・825・827・856のバスの乗り方

瑞芳駅で台鉄に乗り換える場合、788・825・827のバスに乗る場合ですが、料金はどれに乗っても15元です。

注意点ですがバスによって先払いだったり後払いだったりします。乗る場所と降りる場所は同じなのにね~。

というわけで乗り込むときに乗車口付近の電光掲示板を確認しましょう。

  • 上車收票(費):前払い
  • 下車收票(費):後払い

このようになってます。

わかりにくい、理解できないと思う場合は交通系ICカードを使うのがおすすめです。間違ってタッチしても問題ないからです。わたしがICカードを使ってる一番の理由はバスのシステムがややこしいからです(笑)

九份からの帰りにバスの混雑を避けて乗車できた話

九份からの帰り、特に夜景を見た後のバス停の混雑はすごいですw

バス停まで行ったのに乗車待ちの行列を見てタクシーに切り替える人も少なくありません。

こないだ訪れた時の話ですが、金曜日の夜の19時すぎに九份老街のバス停に向かったんですよ。1062のバスに乗るつもりで。

ある程度の行列は覚悟してたんですが、なんと100人くらいの人が並んでる!ほとんどが台北方面のバスに乗ると思われる。

これ、1時間経っても乗れなくない…?

どうしよ、逆方向のバスに乗って金瓜石まで行って折り返すか?でもバス停が離れてるから3~4分は歩かないといけない。

そこでわたしは九份老街のひとつ前のバス停「隔頂」まで歩くことにしました。

「隔頂」まではバス通りを上にのぼって行くだけです。ただちょっと歩道が狭い。車道との距離が近いので、注意しないといけないです。

4~5分くらい歩くと道がふたまたになってるんですが、バス乗り場(台北行き1062または965)はお店の並びの道路の方です。

画像の赤マルの場所が「隔頂」バス停です。

このバス停では10人くらいの人がバスを待ってました。九份老街のバス停を見た後だったのですごく空いてるように感じるw

日本人はたぶん自分たちだけでした。

バスが来たのが見えたら手を振ってアピールして停めます。じゃないとスル―して行っちゃうんです。

1062のバスが来て無事に乗り込みました♪

バス乗車時に車内はガラガラでした。

九份老街に停車したときの画像です。行列の長さに圧倒されますね。

というわけで九份老街のバス停で混雑して乗れないときには隔頂まで歩けばバスにすぐ乗れるよ、というお話でした。

歩きたくないという人は九份老街でも九份派出所からでもいいので逆方面の金瓜石までバスに乗って、始発から折り返してくる方法がいいかもしれませんね。バス代も余計にかかりますけど。

※追記※

隔頂バス停にホントに停まってくれるか不安かもしれません。

ですが読者様より2019年10月に乗ることができたという情報をいただきました~。

やっぱり混雑時には有効な方法ですね♪

九份からの帰りのバスのまとめ

九份からバスで帰る場合は「九份派出所」より「九份老街」から乗るのがおすすめです。

でも瑞芳駅までだし立ち乗りでOKという場合は「九份派出所」からでも問題ありません。

1062または965は乗車時に行先を告げてください。カードをもらったら下車時に運転手さんに返します。

九份から帰る時間が夕方以降とか週末だと、とにかく混雑がヒドイですw

混雑具合を見てからタクシーに切り替えるのもアリですが、金瓜石まで一度行くか、わたしのように隔頂まで歩けばバスに座ることができますよ~

九份で1062のバスに乗って松山で下りて饒河街夜市で食べ歩きして帰りました♪

関連九份の夜景は何時くらいから?提灯の点灯時間は?日没時間は?
関連九份の名物グルメと人気スポットのサクっと観光マップ
行き方台北から九份のバスの行き方 1062と965の乗り場と料金と所要時間