台湾オンライン入国カード事前申請サイトと記入例【2019】期限は?間違えたら?

旅行準備・手配入国

台湾オンライン入国カード事前申請サイトと記入例

台湾の入国カードはオンラインで事前に登録しておく方が簡単ですよね。

飛行機の中で入国カードを手書きしなくていいですし、入国審査ではパスポートを渡すだけでOK。わたしは最近の入国審査では一言も話してないですね~

なので今回もいつもと同じように申請しようとしたらサイトが新しくなってました!

ちょっととまどいましたが新しいサイトはスマホでも登録がしやすかったですよ~。

台湾オンライン入国カードの事前申請について

台湾オンライン入国カードの申請サイトはこちらです。
申請サイトNia(Taiwan) New Webacard

パソコンでもスマホでも画面は同じです。

今回はスマホの画面で紹介します。

まず基本として

  • パスポートと同じに記入
  • 英語か中国語(繁体字)で記入

日本語での記入はできません。

これを覚えておきましょう。

台湾入国オンライン申請

漢字(中国語)があった方がわかりやすいという場合は「Language」を1度タップするとこんな感じになります。

この画面で記入していっても良いし、英語のままでも大丈夫です。あなたが使いやすい方をおすすめします。

「Import」は2回目以降に使うボタンです。後ほど説明しますね。

台湾オンライン入国カードの記入例

新しくなった台湾オンライン入国カードの記入は5ページになっています。

実際に入力していったらわかりますが、確認しやすくなって嬉しいですね~^^

黄色をつけた★マークがある箇所は記入必須になってます。

台湾オンライン入国カードの記入例1/5ページ目

台湾オンライン入国カード申請記入例1ページ目

  • 名前
  • 生年月日
  • 性別

パスポートを確認しながら、同じアルファベットを記入してください。SHIとかTSUとか気を付けてくださいね。

Chinese Name(中文姓名 )は記入せず空白のままで大丈夫です。

入力が終わったら「NEXT」ボタンで次ページへ。

台湾オンライン入国カードの記入例2/5ページ目

台湾オンライン入国カード申請記入例2ページ目

  • 国籍
  • パスポートナンバー
  • ビザの種類

国籍は「Japan」を選択します。

パスポートナンバーは間違えないようにしっかり確認してください。

ビザの種類ですが、90日以内の観光での滞在の場合はビザ免除になってます。ですので通常の旅行であれば「免簽證 Visa-Exempt」を選択すればOKです。

もしもビザを持ってたら必ず記入を。ノービザになってしまわないように気を付けてくださいね。

入力が終わったら「NEXT」ボタンで次ページへ。

台湾オンライン入国カードの記入例3/5ページ目

台湾オンライン入国カード申請記入例3ページ目

  • フライト便名
  • 入国日
  • 旅行の目的
  • 職業

あなたが乗ってくる飛行機の便名を記入し、台湾到着日、旅行の目的、職業を選択します。

ここで迷うのが職業ですかね。以下で補足します。

入力が終わったら「NEXT」ボタンで次ページへ。

台湾入国の目的

旅行の目的は通常の旅行であれば観光になるので、「觀光 Sightseeing」を選択しましょう。

台湾の入国カードの職業について

ここでの職業はあまり厳密でなくても大丈夫なようですが、一番近いものを選択すると良いと思います。

ここでは一例をあげておきますね。

  • 会社員:職員/CLERK/EMPLOYEE/STAFF
  • 公務員:公務員/GOVERNMENT OFFICER
  • 医師:醫生/DOCTOR
  • 看護師:護士/看護婦/NURSE
  • 農業従事者:農/FARMER
  • 漁業従事者:漁民/FISHERMAN
  • 学生:學生/STUDENT
  • 主婦:家庭主婦/HOUSEWIFE
  • 赤ちゃん:無職/NONE

勤めている人は会社員で大丈夫です。

アルバイトやフリーターの場合は「無職/NONE」ではなく、スタッフということで「職員/CLERK/EMPLOYEE/STAFF」が良いと思います。

台湾オンライン入国カードの記入例4/5ページ目

台湾オンライン入国カード申請記入例4ページ目

  • 現住所
  • ホテルの場所と名前(または滞在場所)

住所ですが「Japan」を選択し、それ以降は記入不要です。

台湾での滞在場所はホテルが多いかと思います。

入力が終わったら「NEXT」ボタンで次ページへ。

台湾での滞在場所について

台湾での滞在場所を記入します。ここがきちんと書けてない場合は入国できません。

ホテルに滞在する場合は「Hotel Name」を選択します。

ホテルの場所の都市(画面例:台北市)を選択し、ホテル名を中国語か英語で記入します。

ホテル名は予約確認書などからコピーして貼り付けすると簡単に入力できますよ。

ホテルではなく、民泊や友人の家などに滞在する場合は「Residential Address」を選択して住所を記入してください。

日によってホテルを移動するなら初日の滞在場所、または一番長く滞在する場所を書いておけば大丈夫です。

台湾で日帰りの場合は?

日帰りの場合は宿泊場所はないので、ホテル名の場所に「One day trip」と「帰りの便名(例:JW101)」を記入しておきましょう。

これはオンライン入国カードだけでなく、手書きの紙の場合も同じです。

台湾オンライン入国カードの記入例5/5ページ目

台湾オンライン入国カード申請記入例5ページ目

  • 電話番号
  • メールアドレス

このふたつは記入は任意です。

あとは表示されている4桁の数字コードを入力します。(このときは1254)

入力が終わったら「CONFIRM」ボタンで登録します。

台湾オンライン入国カード申請完了画面

台湾オンライン入国カード申請成功

台湾オンライン入国カード申請完了

このように成功を知らせる表示が出ます。

ここで右側の「Export File(.xls)」ボタンから、今オンライン申請した内容をExcelファイルにエクスポートができます。

このファイルがあれば次回トップページから「Import」ボタンでデータを入力できるので、簡単に申請ができるようになります。

年に何度も台湾に行くようなリーピーターにとってはとても便利だと思います。

台湾オンライン入国申請の期限はいつからいつまで?

台湾のオンライン入国カードの申請の期限は特に決まってません。

いつからでも大丈夫ではあるんですが、申請にはフライト便名が必要なので飛行機の手配をした後ということになります。

いつまでかというとイミグレーションを通る前までは可能なようです。入国審査官がチェックするときに申請ができていれば大丈夫です。

なので最悪、イミグレーションの列に並んでる間に申請することも可能です。

ただしインターネット環境が必要になります。桃園空港はフリーWi-Fiだとつながりにくいこともあるので、日本で搭乗前までにしておく方が安心だと思います。

ですが入国するたびに申請が必要です。なぜなら上書きされてしまうからです。

例えば2か月連続で台湾に行く場合でも、一度入国してからでないと次の申請はできないということですね。

台湾のオンライン入国カードを間違えたら?

台湾のオンライン入国カードを間違えたかな?と思った場合でも、確認はできません。

でも上書きされるので、もう一度申請をやり直せば大丈夫です。

ですので登録をするときにコマメに確認しながら入力するしかないですね。

台湾オンライン入国カード申請のまとめ

台湾オンライン入国カードの申請サイトが新しくなってました!

新しいサイトの入力画面は5ページに渡ってますが、1ページずつは短めです。ですので、その分確認をしやすくなりました~♪

スマホでも登録しやすいので、空港への移動中とかでも簡単に申請ができると思います。

ただし申請時にインターネット環境は必須なので、それだけは注意してくださいね。

関連台湾に着いたらやること!空港に到着後することのまとめ
関連台湾旅行の注意点まとめ!マナーやルールなど気を付けること