台湾旅行の紫外線対策アイテムは?日焼け止め以外の準備も

2019年5月24日旅行準備・手配持ち物

台湾旅行の紫外線対策アイテム

季節や場所にもよりますが、台湾の紫外線は日本の2~4倍と言われています。台湾の中では北に位置する台北でも石垣島と同じくらいの緯度ですしね。

とにかく日本にいるときよりも紫外線対策に気を付けないとです。

日焼け止めはもちろんマストアイテムですが、ほかにも準備してほしいものがあります。どんなものを選ぶのがいいのか、ポイントも紹介しますね。

台湾旅行の紫外線対策アイテム

台湾旅行で持っていってほしい紫外線対策アイテムです。

  • 日焼け止め
  • 帽子
  • サングラス
  • 日傘
  • UV効果の長袖

紫外線対策以外にも役立ったりもしますよ~。

日焼け止め

紫外線対策といえば日焼け止めは絶対はずせないですよね。台湾では日本以上に必須です。

どんな日焼け止めがおすすめかというと、あなたが日頃から使っているものがいいです!

「台湾だから」と新しい日焼け止めを突然使うと、肌荒れしたり最悪かぶれてしまうこともありますからね。

新しく買うとしても、日本で数日は使ってみて肌に合うか確認しましょう。

台湾用として新しく買いたいという場合は、できればウォータープルーフを。

暑い日は汗かきやすいし、時期によっては雨が降りやすいんですよね。特に観光地で人気の九份は一年中雨が降りやすいんです。ちょっと降ってやんだりとかよくします。意外と濡れるので水に強い日焼け止めがおすすめです。

でも顔のコマメな塗り直しってなかなか難しいですよね?

なのでUVファンデーションもあると便利だと思います。ささっとトイレなどで塗れますし。さらに飲む日焼け止めがあると安心です。

帽子

帽子はあった方がいい。でも台湾の若いコでかぶってる人あんまりいないっぽい。

それでも持って行った方がいいよ、っていうくらい帽子はありがたいアイテムです。

帽子は髪や頭皮、そして顔の紫外線対策になります。それにちょっとした雨のときにもいいんですよね。傘を差すか差さないか迷うくらいの雨でも帽子をかぶってればへっちゃらです(笑)

で、どんな帽子がいいかというと優先順位はこんな感じ。

  • UV
  • 折り畳みができる
  • ひもつき

UVカットの帽子というのは当然ですが、折り畳みできると旅が楽です。電車やバスでの移動の時間とか、ごはん食べるときとか、お参りするときとかにバッグにしまっておけますからね。

帽子のひもは風の強い場所に行く場合にはあった方がいいです。特に海のそば海岸などですね。例えば高美湿地とか野柳とか、海の近くに行く場合はご注意を。

サングラス

当たり前ですが、晴れている日は紫外線の量が多いしまぶしいです^^;

サングラスをできれば持っていきたいですね。紫外線は目からも入るので保護を。

レンズの色はまぶしさを和らげるなら濃い色の方がおすすめですが、基本的に何色でも大丈夫。黒でも茶色でも透明でもいいんですが、UVカットのものを選んでください。

「UV400」または「紫外線99.9%カット」と表示されているかどうかを確認してから購入しましょう。

日傘

台湾の人は帽子はあまりかぶってないけど、傘を差してます。でも日傘というよりも、普通の折り畳み傘を差してる人が多かったな~。

旅行者ももちろん日差しを遮る傘があった方がいいです。日焼け止めしても不安になるくらい日差しが強いので。

台湾は急に雨が降ることが結構あるので、晴雨兼用の折り畳み傘が便利ですよ。

UVカーディガンやUVパーカー

UV効果のある長袖は絶対にもっていきたいです。薄めのものならかさばらないですよ~。

日差しが強い日は肌を守るようにして長袖を着てた方が暑くないからです。

逆にバスや電車などでの寒いときの対策としても使えるので一石二鳥です♪

UVカーディガンやUVパーカーをお忘れなく。

台湾旅行の紫外線対策アイテムのまとめ

台湾旅行の紫外線対策アイテムとしてこれらを持っていきましょう♪

  • 日焼け止め
  • 帽子
  • サングラス
  • 日傘
  • UV効果の長袖

もし忘れてしまっても台湾で買うこともできますよ~

関連台湾旅行の持ち物で必需品は?持っていくと便利な物と必要ない物
関連台湾旅行の注意点まとめ!マナーやルールなど気を付けること
関連台湾に着いたらやること!空港に到着後することのまとめ