野柳地質公園~金山老街~老梅緑石槽~淡水まで北海岸の1日観光

新北淡水, 野柳地質公園

野柳から淡水までの北海岸周遊観光

野柳地質公園~金山老街~老梅緑石槽~淡水まで、北海岸を観光しました。

台北から日帰りするのにちょうどいい行程です。

ツアーやタクシーは使わず路線バスに乗りましたが意外とスムーズな1日でした。

野柳から淡水まで北海岸観光


台北を9時前に出て、このように北海岸の周遊観光をしました。

  1. 野柳地質公園
  2. 金山老街
  3. 老梅緑石槽
  4. 淡水

移動の基本は路線バスだったので悠遊カードがとても役に立ちましたよ~^^

淡水の見学が終わってMRT駅に着いたのが18時ごろ。

ちょうど1日で周れる広さでよかったです。

野柳地質公園

野柳地質公園の観光と見どころ

台北からまず向かったのは野柳地質公園。奇岩だらけの公園です。

数年で見れなくなるかもしれないという女王頭(クイーンヘッド)を見に行きましたが、雨の日でも写真撮影の行列ができてました。

でも日本では見られない光景なので、台湾旅行にはおすすめの場所です。

海なので風がすごく強かったです~

関連台湾の奇岩で有名な野柳地質公園を観光!入場料と所要時間は?
行き方台北から野柳地質公園までバスの行き方は?忠孝新生駅の乗り場も紹介

ランチは野柳ではなく、比較的近い金山老街に行く予定にしてました。

野柳地質公園から金山老街までのバス
※タップで拡大

なので奇岩の見学後にビジターセンターで金山老街へのバスを教えてもらいました。

一番近いバス停は1時間に1本しかなく時間が合わなかったので、台北から来た時におりたバス停まで戻って金山に行きました。

金山老街

金山老街

野柳から金山老街はバスで10分かからなかったです。

金山老街は日本人はあまりいませんでしたが雰囲気のある場所でした~。また訪れたいです。

金山老街の兄弟食堂

鴨が有名なようですがお店を決めかねてしまって、海に近いということで美味しい海鮮をいただきました。一品の量がすごかったー。ランチにしてはちょっと高かったかな。

金山はまだまだ日本人の口コミが少ないので情報が欲しいですね~。

金山から淡水方面で老梅

金山から老梅までは862・863のバスで移動できます。降りたバス停から乗ればいいので難しくなかったです。

老梅緑石槽

老梅緑石槽

4~5月ごろの期間限定で見ることができる老梅緑石槽。これが見たくて北海岸に来たようなものです(笑)

あいにくの天気でしたが不思議な光景でしたねー。波で剥がれないのが不思議。

干潮の時間じゃなくても大丈夫ですが、満潮だと海に沈んで見れないので潮位を調べてから行くのがおすすめです。比較的近い石門の潮汐予報のリンクを貼っておきますね。

潮汐予報(石門)

注意点として、観光客が増えてから劣化が激しくなったようで苔を踏むのは禁止されてます。

老梅バス停から淡水

老梅から淡水までは862・863・865・877・892のバスが出ています。

台湾好行862の皇冠北海岸線

ですが今回は少し歩いて「富貴角燈塔(老梅緑石槽)」から台湾好行862の皇冠北海岸線に乗りました。

これはミニバスなので乗車可能人数は少なめですが、停車バス停が少ないので淡水までの所要時間が短いんです。ちなみにここから淡水までは50分で着きました。

バスの接近情報ですが、このときは台湾好行のサイトよりもアプリの「台湾公車通」の方が正確でしたね。

淡水

台北からも行きやすいことで有名な観光地ですよね。

淡水は夕日が有名ということで16時前に到着できてちょうど良かった♪

淡水紅毛城

淡水老街や紅毛城、埠頭などを散策しました。

淡水漁人碼頭

でもやっぱり天気が悪くて夕日は見れませんでしたね~。この写真は18時前ですが、めっちゃ雲がモクモクしてました(笑)

このあとはMRT淡水駅から台北方面まで座って帰りました。

関連淡水の観光 半日に満たない滞在2時間でまわったスポットを紹介

野柳から淡水まで北海岸の周遊観光のまとめ

台北から出発して、野柳地質公園~金山老街~老梅緑石槽~淡水まで北海岸を観光しました。

バスは海岸沿いを走るので海を見ながら移動できたのも良かったし、日本では見れない景色を見れました!

金山の周辺はテレサテン墓地や朱銘美術館もあります。少し前に「金山からテレサテン墓地への行き方」のお問い合わせを頂いたので、やっぱり人気の場所なんでしょうね。

北海岸は台北から日帰りが可能なので、旅の選択肢に加えてみてはどうでしょうか。

わたしはバスで移動しましたが台湾のバスは時間が読めないので、ちょっとキツイという場合はタクシーのチャーターが楽だと思います。