台北駅地下街の盲人マッサージが安くて手軽だった【上半身30分300元】

台北マッサージ, 台北駅

中山駅から台北駅に向かって歩いてきました。

台北駅地下街に入ったところにある盲人マッサージへ行くかどうか迷ってたんですが、とりあえず見てみようかなって。

しばらくぶりのバックパッカーで首とか肩が痛くて(笑)

結局、上半身だけですが、マッサージしてもらいました!

台北駅地下街Y区にある盲人マッサージ

台北駅地下街Y区にある盲人マッサージ

ここは真好盲友按摩站という目の不自由な方たちがされてるマッサージ店です。

台北駅地下街にあって、予約なしで通りすがりに受けれるので、気が向いたときや、新幹線の待ち時間とか、待ち合わせまでのちょっとした時間などで利用できるのが便利。

台北駅地下街の真好盲友按摩站

ここでは地下街の通路でそのまま施術が行われてます。壁とかパテーション(しきり)とかはないです。

日本には、こんなスタイルないよねw

オレンジ色を着ているのがスタッフや施術者です。

マッサージを受けてるお客さんは男性も女性も同じくらいいましたねー。

台北駅地下街の盲人マッサージ

さすがにベッドを使う全身マッサージはカーテンでしきられていますね~

座ってるひとたちは順番待ちしてるのかな?

マッサージのメニューと料金

料金表は壁にありました。

  • 上半身:20分200元
  • 上半身:30分300元
  • 足裏:30分400元
  • 全身ベッド:30分400元
  • 全身ベッドフル:60分800元

聞いてた通り、マッサージにしては手軽な料金だな~

お店に近づいていくと、「按摩(アンモ)~」と叫んでいた接客担当っぽいおばちゃんが「30分300元~」と私の方へ。

日本語で「20分OK?」と聞くと

中国語で「え~?30分にしなよ!30分」(←多分こんな感じかとw)

今回が初めてだし20分でいいんだけどな~

と思いつつも、まぁいいかと30分することに(笑)

ちなみにですが「30分マッサージ(さんじゅっぷんまっさーじ)」は日本でも中国でも韓国でも通じるんだそうです。3はどこでもサンなので(笑)

盲人マッサージでリラックスできた

台北の上半身マッサージ椅子

上半身のマッサージはこの椅子に座ります。

ホントにそのまま座るだけ。

初めてでも言葉がわからなくても

「荷物はここにかけるよ~」「腕はココねー」など、流されていれば大丈夫(笑)

着替えとかいらないし、簡単でいいですね~。

台北駅地下街の上半身マッサージ

こんな感じでうつぶせ気味に座ると始まります。タイマーかけてた。

顔をうずめてしまえば周りのことは何も気にならなくなるのでリラックスタイムに突入です(笑)

もちろん静かな環境ではなく、人が歩いてるのでザワザワしてるし、施術者同士でずーっとおしゃべりしてる。でも全く中国語がわからないわたしにはBGMみたいな感じでした。

わたしのマッサージをしてくれたのはちっちゃいおばちゃまでした。そしてこれが優しいマッサージでしたね~。

口コミでは「強めのマッサージ」という意見が多かったので、痛いくらいのを想像してたし、期待してたんですけどね。

施術する方は何人もいるので、たぶん技術の差はあると思います。

わたしがチビガリ体型なのでその人になったのかもしれないけど、ちょっと物足りなさはありましたねー。

でも後半に行くとジワジワとくるような気持ちよさも感じましたが。

指名はできないようだし、値段が安いのでしょうがないのかな。

運もあるってことで。

でもフラッと立ち寄れて便利だし、また行きたいと思わせる何かがここにはあります(笑)

土曜日だったからかもしれないけど、実際にお客さんは少なくなかったので、人気のお店なんだと思います~。

真好盲友按摩站の場所などのまとめ

盲人マッサージ「真好盲友按摩站」の場所は台北駅舎のすぐ北です。

盲人マッサージの場所は台北駅地下街のY2出口

目印は台北駅地下街のY2出口です。

Y2を目指せば見落とすことはありません。

もしもMRT(地下鉄)から行く場合はM1出口を目指すといいと思います。M1とY2が隣接しているので。

台北地下街はM1とY2が隣接

台北地下街(Y区)の中では端っこですねー。

ちなみにこの地図は南が上になってます。

なんで台湾の地図って「北が上」で統一してないのかな~。

  • 住所:台北市大同區市民大道一段213號b1
  • 電話:02 2558 1355
  • 営業時間:11時~21時
  • 定休日:なし