有記名茶でお土産 奇種烏龍茶と東方美人の値段は?工場見学できた!

お土産台湾茶

有記名茶でお土産

台湾茶で有名な有記名茶でお土産を買いました。

有記名茶の看板商品である奇種烏龍茶、そして東方美人茶を自宅用に。さらに試飲した文山包種茶を少量の缶入りで購入。

工場見学もさせてもらって大満足です。

今回は有記名茶についての記事をお届けします。

有記名茶でお土産 奇種烏龍茶と東方美人の値段は?

台湾にはお茶屋さんがたくさんありますよね。

どこに行こうか迷ってたんですけど、老舗の有名なお茶屋さんってことで台湾リピーターの友達が紹介してくれたので行ってみました。

お店に入って商品を見ながらウロウロしてると「どうぞー」って試飲のウーロン茶を持ってきてくれました。冷たくて喉が潤う。

接客をしてくれたのは女性のスタッフさんばかりでした。日本語も普通に話せます。

お茶の種類の説明をしてくれて、あまり調べないで行ったのでありがたかったです。

有記名茶の奇種烏龍茶

有記名茶の東方美人茶

有記名茶は奇種烏龍茶という炭火で焙煎したお茶が名物ということでまずこれを。値段は300gで800元。ほうじ茶などの焙煎系のお茶が好きな人はぜひどうぞ。

もうひとつは逆に焙煎が少なめの東方美人茶にしました。こちらの値段も300gで800元。

有記名茶の文山包種茶

それと缶入りの文山包種茶。少量だけど割高で25gで290元。

全部で3つですね。

奇種烏龍茶と東方美人茶は缶入りの少量もありますが、これも割高。毎日飲むことを考えると、量は多くてもいいので割安で買いたいですよね。

なので3つで1,890元のお買い物になりました。有記名茶はクレジットカードが使えるのも嬉しいですね。

有記名茶のお土産

パンフレットもくれました。

有記名茶でお土産

お湯の温度はお茶によって違うので、わかりやすいようにパンフレットに印をつけてくれたんです。親切~^^

温度をきちんとすると味が全然違いました。適当に飲むものじゃないですね(笑)

奇種烏龍茶は香ばしくて深い味わい、東方美人茶は甘味と丸みがあるのにさわやかでとても美味しいですよ^^

お茶工場の見学

お茶を買った後に「良かったら工場見学しませんか?」と声を掛けられました。

お茶工場見学

お茶工場見学

さらっと見学するくらいかな?と思ってたんですが、小さめの博物館と言えるくらいの内容。

日本語でずっと案内してくれて、お茶のありがたみを感じることができました。

日本茶とはまた違う作り方で面白かったです。

でもやっぱりお茶を作るのって大変なんですね~

有記名茶の場所や行き方

  • 住所:台北市重慶北路二段64巷26号
  • 電話:02-2555-9164
  • 営業時間:9時~19時
  • 定休日:日曜日
  • クレジットカード:可

有記名茶の最寄駅は雙連駅だと思います。とはいっても徒歩10分くらいはかかりますね。なのでここだけで予定を組むよりも、迪化街や寧夏路夜市などにも行くといいと思います。

有記名茶の場所と行き方

お店の目の前の朝陽茶葉公園を目指しましょう。

歩きたくない~って場合はタクシーを使ってもいいけど、バスもおすすめです。このアプリはバス停の場所を地図で見れて便利ですよ。

台灣公車通 (台北/桃園/台中/台南/高雄/國道客運)

台灣公車通
(台北/桃園/台中/台南/高雄/國道客運)
開発元:skystar
無料

台北駅から行く場合

もし台北駅から行くなら雙連駅からすぐ近くの「馬偕醫院」バス停から民生幹線に乗るのがおすすめです。降りるバス停は終点の「朝陽公園(鈕釦街)」なので簡単です。

西門駅・北門駅から行く場合

西門駅、北門駅からバスに乗るなら重慶幹線が数分おきに走っているので待ち時間は少ないです。「民生重慶路口」バス停で下車すれば徒歩2~3分で有記名茶です。

わたしは西門駅から路線バスに乗っていきました。乗車バス停は西門駅の3番出口からすぐ見えます。大通の真ん中に島になってる大きめのバス停です。

バスの乗り方は乗るときに悠遊カードを1回タッチするだけ。わたしは中国語がわからないのでグーグルマップを見ながら乗ってました。民生重慶路口までは10分くらいだったと思います。

ちなみに北門駅からは出口2を出た場所すぐにバス停がありますよ。