大龍峒保安宮と隣聖苑(保安宮花園)の見どころと見学所要時間

観光名所・スポット保安宮, 圓山駅

大龍峒保安宮と隣聖苑(保安宮花園)の見どころ

大龍峒保安宮と隣聖苑(保安宮花園)に行ってきました。

大龍峒保安宮は「台北の三大廟門」と言われていますが、龍山寺と比べて人は少ないのでゆっくり参拝ができる場所です。

隣接している隣聖苑(保安宮花園)は中国風庭園として楽しめます。

この記事ではそれぞれの見どころと見学所要時間を紹介します。

関連記事圓山駅→保安宮 徒歩
関連記事台北孔子廟の見どころと楽しみ方

大龍峒保安宮の見どころ

大龍峒保安宮の見どころ

大龍峒保安宮は医療の神である保生大帝が主神です。とはいえ他にも神様がたくさん。農業、子宝、安産、商売などの神様もいてあらゆる願い事ができます。

見どころは建築と装飾芸術です。

大龍峒保安宮の見どころ

扉の絵が結構リアルです。頬のふっくら加減とかすごい。

大龍峒保安宮の見どころ

上を見ると細かく彫ってあって目を凝らして見てしまう。

大龍峒保安宮の見どころ

日本では見ないろうそくと燭台。壁の透かし彫り?もいい感じ。

大龍峒保安宮の見どころ

地元の人がお参りしてました。思ったよりも人が多かったですね。

大龍峒保安宮の見どころ

インスタ映えしそう~

大龍峒保安宮の見どころ

壁にはこのような絵が。建物の周りにぐるーっと描いてあるので物語になってるのかな?

大龍峒保安宮の見どころ

上を見るとこちらの絵も物語になってそう。歴史に造詣のある人は楽しめそう。

保生大帝の生誕日の旧暦の3月15日、さらに毎年の文化祭では盛り上がるようなので、その時期にも来てみたいですね。

大龍峒保安宮の見学所要時間

大龍峒保安宮を見学するだけなら15分くらいでしょう。

参拝をしたりおみくじを頂く場合はプラス15分は見ておいた方がいいでしょうね。

隣聖苑(保安宮花園)の見どころ

隣聖苑(保安宮花園)の見どころ

こちらは孔子廟に隣接している入り口です。

隣聖苑(保安宮花園)は中国風の庭園です。

隣聖苑(保安宮花園)の見どころ

公園のいたるところにこのようなカラフルな像がありました。

まるでテーマパークのような雰囲気。

隣聖苑(保安宮花園)の見どころ

池では龍が水を吐いてます。

隣聖苑(保安宮花園)の見どころ

蓮の花が咲いてました。

シーズンに来たらもっと華やかなんだろうな~

隣聖苑(保安宮花園)の見どころ

孔子の一生の一場面でしょうか?

隣聖苑(保安宮花園)の見どころ

公園内なのに岩の下を歩いてます^^

隣聖苑(保安宮花園)の見どころ

文化祭の会場になってるのか、舞台が設置されてました。

大龍峒保安宮は道を挟んですぐの場所にあります。

隣聖苑(保安宮花園)の見学所要時間

隣聖苑はそんなに広くないので見学時間はちょうど10分でした。

じっくり見ても20分あれば時間は足りると思います。

大龍峒保安宮と隣聖苑(保安宮花園)のまとめ

大龍峒保安宮と隣聖苑(保安宮花園)は孔子廟と一緒に観光するのがおすすめです。

ただし月曜日は孔子廟は定休日ですし、13:00~17:00は隣聖苑は入れませんので注意してくださいね。

大龍峒保安宮の営業時間など

  • 住所:台北市哈密街61号
  • 電話:(02)2595-1676
  • 営業時間:6:30~22:00
  • 定休日:年中無休

隣聖苑(保安宮花園)の開放時間

  • 5:30~13:00
  • 17:00~19:00
関連記事圓山駅→保安宮 徒歩
関連記事台北孔子廟の見どころと楽しみ方