台北のタクシー料金は?クレジットカードは使える?チップは必要?

交通タクシー

台北のタクシー料金

台北はMRTが便利ですが、乗り換えが多い場合はタクシーを使った方が便利だったりします。人数が多ければワリカンできますしね。

タクシーの料金は電車やバスに比べたらもちろん高いですが、日本に比べたら圧倒的に安いです。

今回は台北のタクシーの料金について紹介しますので、旅程を組む参考にしてくださいね。

関連台湾のタクシーの乗り方や予約は?
関連桃園空港→台北【タクシー】詳しく

台北のタクシー料金はいくら?

台北市とその周りの新北市、基隆市はタクシーの料金システムが同じになってます。

タクシーの料金は以下の設定金額を合計したものになります。

  • 初乗り料金:70元(1,250mまで)
  • 距離加算料金:200mごとに5元
  • 時間加算料金:5元(時速5㎞以下・1分20秒ごと)
  • 深夜料金:20元追加(23時~6時)
  • 追加料金:トランク使用は荷物1つにつき10元取る場合アリ
  • 配車料金:呼んだ場合は10元取る場合アリ
  • その他:春節は20元加算

これとは別に淡水でタクシーに乗る場合は常にプラス30元です。つまり初乗りで100元になります。

時間加算料金は時速5㎞以下で走った時間で加算されます。信号待ちや、渋滞などでなかなか進まないときの運転がそうですね。

荷物の料金は運転手によって取られたり取られなかったりです。

メーターの場所はタクシーによって違いますが、後部座席から見える位置にあるので乗るときに確認しておきましょう。

深夜料金、トランク使用料金、配車料金、春節料金などはメーターに反映されないので、降りるときにプラスした金額を支払うことになります。ぼったくりではありません(笑)

そして日本と同じように大きいお金での支払いは嫌がられることがあります。お釣りがなかったりするので。できるだけ100元札や硬貨を用意しておくといいでしょう。

台北タクシー距離料金表

  • 1km:70元
  • 2km:90元
  • 3km:115元
  • 5km:165元
  • 10km:290元

日中の観光でのちょっとした利用であれば、これに時間加算料金を足したものがタクシー運賃となります。

目的地までの距離がどれくらいになるのかはグーグルマップなどで経路検索してみてください。

ただし例外として、九份や平渓、烏來では定額運賃の場所があります。

台北のタクシー料金

画像のように、例えば瑞芳駅から九份へは205元の定額と決まっています。ぼられる心配もないので安心ですね。

詳しくはこちらのページがわかりやすいと思います。
新北市政府タクシー料金

台北のタクシーはクレジットカードを使える?

台北のタクシーでクレジットカードはほぼ使えません。

クレジットカード払いを導入する流れもあったようなんですが、会社側が払う手数料の負担が大きかったようです…。現在は使えないと思っておいた方がいいですね。

どうしてもクレジットカードを使いたいという場合は、タクシー配車サービス「Taxigo」を使うという手もあります。

LINEかFacebookのアカウントが必要ですが、インターネットを使える環境であれば話さなくても予約できますよ。

台北のタクシーにチップは必要?

台北はチップが必要な場面はありません。日本と同じと思って大丈夫です。

ただし素晴らしいサービスを受けたと感じた場合はチップを払うこともあるでしょう。

タクシーの場合はチップをわざわざ渡すというよりも「お釣りはいらないよ」というパターンが多いでしょうね。

ですが逆に「お釣りがない」と言ってくる運転手さんもいます。

もしお釣りを渡したくなければ小銭を用意してからタクシーに乗った方がいいでしょうね。

台北のタクシー料金のまとめ

台北のタクシーの初乗り料金は70元です。

MRTの一駅間で80~90元というところですが、一方通行の場所も多いので大回りすることがよくあります。乗る場所・降りる場所によっては金額が高くなるのはこのためです。

ですが台北市内での乗車であれば500元を超えることはまずないでしょう。

タクシーではクレジットカードは使えないので現金を用意しておく必要があります。

そしてタクシーによっては「お釣りがない」と言われることがあるので、チップを払うつもりがなければ小銭の用意もしておいた方がいいですよ。

タクシーの乗り方や予約についてはこちらの記事をどうぞ。
関連台湾のタクシーの乗り方や予約は?
関連桃園空港→台北【タクシー】詳しく