台湾のタクシーの乗り方は?予約をするには?安全な選び方は?

交通タクシー, 乗り方

台湾のタクシーの乗り方や予約

台湾のタクシーは日本に比べて安いから気軽に使えます。

ただやはり海外なので、ちょっと心配ですよね。

でも中国語が話せなくても問題なく乗ることができました。

今回はタクシーの乗り方について紹介します。

関連記事台北のタクシー料金は?クレジットカードは使える?チップは必要?

台湾のタクシーの乗り方

台北駅など大きい駅にはタクシー乗り場があるので、そこから乗りましょう。「計程車 TAXI」という案内看板に従えばタクシー乗り場に行けます。

ちなみに台北駅の場合、台鉄なら東側の出口を出た場所、桃園空港線MRTなら地下1階にタクシー乗り場があります。

客引きのタクシーは金額を高くされることがあるし、あまり信用できません。

桃園國際空港からタクシーに乗る場合はこちらの記事が参考になります。
関連記事桃園国際空港から台北までタクシーの料金や乗り場!予約が安い?

台湾のタクシーの拾い方

台湾のタクシーの拾い方は日本と同じように手を挙げれば停まってくれます。どの会社もタクシーは黄色なのでとてもわかりやすいです。

台北などの都市部であればタクシーが沢山走ってるので、簡単に拾うことができます。

特に交通量が多い道路では後ろからくるバイクに注意してください。少しでも幅があれば通ることがあるので危険です。

大手のタクシー会社である「台湾大車隊」や「大愛計程車」がおすすめ。屋根の上のランプや車体に書いてありますよ。

乗れるタクシーは「空車」になっているので確認してくださいね。これも日本と同じですね。

できるだけ綺麗な車体のタクシーを選んだ方が安全と言われていますので、ボコボコだったり、中が見えないようなタクシーを選ぶのはやめておきましょう。

綺麗なタクシーを停めようとしたのに、ボコボコのタクシーがあなたの前に停まってしまったら、手を振って乗らない意思を伝えてくださいね。

タクシーのドアは手動

ドアの開閉は手動です。自分でドアを開けて乗ります。

日本のタクシーに慣れてると停めたあと、ドアが開くのを無意識に待ってしまったりします。わたしもタクシーを拾った時にドアが開かないから「あっ、そうだった。自分で開けないと(笑)」ってなりました。

降りるときも自分でドアを開けます。台湾は右側通行なので、右側のドアを開けるようにしましょう。左側は他の車やバイクが走ってくるので危ないです。

タクシーのシートベルト

台湾のタクシーは乗客のシートベルトが義務化されています。後部座席もです。

罰金(最大4500元)は乗客が支払うことになるので、きちんと着用しておきましょう。

タクシーの目的地の伝え方

タクシーに乗ったら目的地を伝えますよね。運転手さんには日本語も英語も基本的に通じないので、漢字で住所をメモに書いて見せるのが確実です。

目的地がすごく有名な場所であれば名前だけでも大丈夫です。例えば「故宮博物院」「台北101」などですね。

ただしホテルなどで英語名がある場合は伝わらないことが多いので、やはり漢字で伝えるようにしましょう。

例えばアンバサダーホテル台北は「Ambassador Hotel Taipei」ではなく「国賓大飯店」と書いたほうがいいってことですね。

「地図を見せればOKでしょ。」という人もいますが、地図を読めない運転手さんがいます。日本人からすると不思議かもしれませんが、何年か前に台湾に行ったときに「ドライバーのほとんどは地図は読めないよ」と言われました。今でもまだ地図が読めない人は多いみたいです。

実際に地図を見せても「???」みたいな反応が返ってくるので、目的地すぐそばの駅とか、近くの通りの名前とかを指差して伝えて乗ったことが何回かあります。

というわけで心配な人はメモ用紙とペンで漢字で伝えるのがいいと思いますよ。

台湾のタクシーを予約する方法

中国語が話せれば電話をして呼ぶだけなので問題ないです。でもほとんどの旅行者は話せないので自分で予約するのは難しいと思います。

タクシーの予約をする場合はホテルやレストランでお願いするのが簡単です。ただし夜市のお店とかでは呼んでもらえません。

ちょっとだけ使う分にはその場で呼んでもらえばいいと思います。ただ予定があらかじめ決まっていて観光タクシーをチャーターする場合は、ネットで予約しておくのが簡単だし金額も安かったりしますよ。日本語ができる運転手を指定できますしね。

台湾の安全なタクシーの選び方

多くはありませんが、ぼったくりタクシーやトラブルになることは台湾にもあります。

できるだけ安全なタクシーに乗るために選ぶようにしましょう。

  • 見た目が綺麗な車体にする
  • 大手の会社のタクシーにする(「台湾大車隊」や「大愛計程車」)
  • 夜中にひとりで乗るのは避ける

ボコボコになってたり、スモークで中が見えないとか、少しでも「あれ?」って感じたら乗らないようにしてくださいね。ちょっとの違和感が自分を守ることになるので。

台湾のタクシーの乗り方のまとめ

台湾のタクシーの乗り方は日本とほとんど同じですがドアを手動で開けるということと、右側通行だということは意識しましょう。

トラブルを避けるために、タクシーは選んでから乗るようにしましょう。

台北は一方通行の道路がとても多いので、大回りすることが多いです。ぼったくりでないことを理解して乗るようにしましょう。

タクシーの料金についてはこちらの記事をどうぞ。
関連記事台北のタクシー料金は?クレジットカードは使える?チップは必要?