九份の洞窟レストラン 芋仔蕃薯の食事メニューは?風景は?

九份九份グルメ

九份の洞窟レストラン芋仔蕃薯のメニュー

九份にある入り口が洞窟のレストラン「芋仔蕃薯(ユィザイファンシュー)」に休憩がてら入りました。

休憩といいつつお茶は飲んではいないんですが、行ってみた感想を紹介します!

九份の洞窟レストラン 芋仔蕃薯

九份の洞窟レストラン 芋仔蕃薯の入り口

誰もが通るであろう、赤提灯の階段の途中に芋仔蕃薯の入り口があります。有名な阿妹茶樓(あめおちゃ)のお隣。

中に入らないのにここで記念撮影してる人が多かったな~。見た感じ韓国人だと思いますが。

芋仔蕃薯への洞窟

洞窟の狭い道を歩いて行きます。

一本道なので迷うことはありません。

芋仔蕃薯の外観

お店を発見!

芋仔蕃薯の出入口

台湾らしい雰囲気のお店ですね^^

芋仔蕃薯の内装

販売してるんだか、してないんだか、よくわからない雑貨がたくさん(笑)

芋仔蕃薯の窓際の席

二人または三人だと窓側に案内してくれるっぽいです。

芋仔蕃薯のテーブル席

ほかの階もあったし、テーブルが並ぶ部屋もあったので、キャパは大きいと思います。

芋仔蕃薯の食事メニュー

お店に入った時にお茶か食事か聞かれました。

ビールを1杯だけ飲もうと思って寄ったのでちょっと困りましたが、一応「食事」と伝えたらこれらのメニューを渡されました。※タップで拡大します。

芋仔蕃薯の食事メニュー1

芋仔蕃薯の食事メニュー2

芋仔蕃薯の食事メニュー3

芋仔蕃薯の食事メニュー4

食堂でも食べれそうなメニューが多いんだけど、値段はレストランという感じ。九份という場所柄、観光客向けの料金なんでしょうね。しょうがない。

それにしては接客はアルバイトのぶっきらぼうな感じで、微妙でしたね。手が空いたら堂々と座りながらスマホ見てるしw

台湾だからそういうものなのかもしれないけど、親切な店だってありますからね。ちょっとした差って大事なんだなーと実感。

ちょっとしたオツマミとして注文したのは台湾バジルの玉子焼き。

素材の味を楽しみましたよ~

ほかのテーブルではビールだけ飲んでる旅行者もいたので、無理に食べ物の注文をしなくても良かったかもしれません。

結局、台湾ビール(瓶)を2本とこの台湾バジルの玉子焼きで合計400元でした。

芋仔蕃薯からの風景

芋仔蕃薯の窓からの眺め

窓側からは風景を楽しめるのかと思いきや

芋仔蕃薯からの風景

こんな感じ。悪くはないですが、特別感もないです。

芋仔蕃薯から風景は霧だらけ

天気が悪いとこのように全く見えなくなります(笑)

でも九份は雨が多い場所だから「景色がキレイに見えたらラッキー」くらいに思っておいた方がいいのかもしれませんね。

芋仔蕃薯のまとめ

芋仔蕃薯は赤提灯の階段にある洞窟が入り口になってます。お隣は有名な阿妹茶樓(あめおちゃ)です。

感想としては、食事での再訪はないかな~。

初めて台湾に来たという人なら、日本で食べるのと料金は変わらないし、内装の雰囲気でそれなりに満足するかもしれない。実際に隣の席でお茶を飲んでた日本人は満足そうだったし。

でも九份のリピーターならコスパは良くないと感じると思います。料金が高いのに接客もそれなりだったので。

あからさまだけど観光客向けにがんばってる九份茶房とか、向かいの海悦楼茶坊の方が居心地はいいかな~。

でも満席のお店に並ぶくらいなら、こちらでゆっくりというのもアリですね。

関連九份の夜景は何時くらいから?提灯の点灯時間と日没時間
関連九份の名物グルメと人気スポットのサクっと観光マップ